こんばんは!シルヴィアです。
前回の記事ただただ挨拶の記事でしたが、なんとアクセス数が291と予想をはるかに超える数字となっていて驚いております。
それだけTwitterでお世話になっている人の影響力が強かったってことですね・・・!
応援コメントをもらえればきっと本人のやる気が上がって記事の投稿頻度があがるのでよろしくお願いします。(にっこり

さて、今回は昨日公開されたPSO2TCGの2-2カードリストからいくつかPICKUPして考察してまいりたいと思います。
それではれっつごー!

新しく追加されるブレイバーのプレイヤーカード

ブレイバーに新しくプレイヤーカードが追加されますね。それがこちら。5-002
(絵柄のエロ格好良さが目立っていてなんともけしかr・・・よい!!)

このプレイヤーカードの効果は、
「ブレイバーのアクティブをプレイする場合、コストの支払いにこのカードをPPのようにOFFにして使用できる。」
です。
恐らく注意が必要なのは「PPのようにOFFにして使用できる」ではないでしょうか。
「PPのように」なのでPP1枚分として使用できるということですね。間違っても「このカードがあればアクティブすべてがバンバン打てるぜ!」とならないように。(私自身このカードを初めて見たときいけるんでね?と思いました。そんな話は内緒)

ちょっと面白いコンボとしては、
1.このプレイヤーカードに「サンゲ」を装備する。
2.「ラピッドシュート」のコスト支払いにこのプレイヤーカード、PP1枚をOFFにする。
3.「ラピッドシュート」の効果で相手に1ダメージ与え、PPを3枚ONにする。(実質PP2回復)
4.あら不思議、PPがONになったので「サンゲ」の効果でプレイヤーカードがONになる。

あまり日の目を見ていない「サンゲ」ですが、活躍の場が出てきそうですね。サンゲはカウンター用としてONのまま、プレイヤーカードは次の相手のターンにレスポンスとして使えるPP要因としておいておけますし。

おまけに後攻のとき、PPが7以上ある場合、自分自身をONにします。ブレイバーはもとよりあっちこっちON→OFF、OFF→ONと忙しいですが、1ターンの間の作業が増えそうですね。
ブレイバーのアクティブカードも増えたのでキャラとアクティブの枚数のバランスを取ることが難しくなりそうです。
(個人的には2-2収録のブレイバーのキャラカードが、なぜかアンネリカにゼログということに驚いています。再録にしても早すぎるんじゃー。)

長くなってきたので次!

11コスト ダークファルス・ルーサー

5-010
このカードを注目しているのはまた別の理由なのですが。
効果はとても厄介です。コストこそ11ですが、2-2収録の中には「捨札にあるカードを1枚選び、それを自分のPPに裏向きで置く」という効果を持つカードが複数あり、PPが11貯まるスピードが速まります。
そして場に出れば、
「自分がプレイするカードのコスト数は2減少する。」
ターン開始時に、
「自分の除外されているカードを3枚好きな順で自分のデッキの上に戻す。」
とやりたい放題。

ただ、これ「キャラ」カードなのです。
付け加えれば「六芒均衡」ではないのです。
「1ターンスキップする」は脅威ですが、PPを5枚捨札に置かなければなりません。11点+αのダメージを凌げたなら割と勝機が見えるのでは・・・と思っています。それがこちら。

心変わr・・・絶対令(アビス)

5-049
絶対令と書いて「アビス」と読みます。なぜ?って方は本家ぷそのEP2最後のシナリオをどうぞ。

効果は、
「自分の場に≪六芒均衡≫のキャラがいる場合に発動ができ、相手の≪六芒均衡≫ではないキャラ1体を選び付与、付与したキャラのコントロール権を得る。」
というものです。

あれ?黒のキャラも≪六芒均衡≫ではないから心変わりできるやん、って。
これで先程のルーサーを自分の場に連れてこられれば2コスト減少は私のモノだ!!となる訳ですね。


【2019/07/19 20:25追記】
このカードは「クラスを持つ、≪六芒均衡≫ではないキャラ1体を選び」のため、11コストのルーサーは対象に選べませんでした。訂正してお詫び申し上げます。
黒のカードは軒並み心変わり出来ませんね・・・メルフォンシーナがワンチャン・・・

このカードの注意が必要なところは、コントロール権を得るとき、

1.前列、後列の位置をそのままの状態で移動する。
2.ON、OFFの状態をそのままで移動する。
3.装備しているカードすべても一緒に移動する。

ということです。早い話がそっくりそのままの状態でコントロールを得ますよ、ということ。
もちろんですが、「このカードは効果の対象に選ばれない。」のカードには付与出来ないので注意。

とは言え、相手の毎ターンなんちゃらやってくる系のカードを、邪魔して且つ自分が使えるとなるとかなり有用ですね。
え?ルーサーに六芒が倒された後だった??守護輝士ならきっとなんとか出来るでしょ!((

初ウェポノイド 小さな英雄 モア

ウェポノイドが正式に実装されました。(今までは武器の絵柄として採用されていました。)
5-012
今回はesで初期から登場していた「モア」です。元はソードのクレイモアから。

今後もウェポノイドのカードが増えることが予想できるため、デッキに組み込むところから注意して欲しいのが、
1.「ソード」とあるが、アイテムカードでは無いので全プレイヤーカード(黒を除く)に組み込むことが出来る。
・詳細ルール 100.デッキの構築
  100.5 クラスを持つ≪アイテムカード≫をデッキに入れる場合、そのカードのクラスとプレイヤーカードのクラスが一致する必要があります。

2.このカードをアイテムとして付与した場合、武器、及び防具の装備枠を消費せずにプレイすることが出来る。
・詳細ルール 205.アイテムカード
  205.4.4 カードが「武器・防具」の≪アイテムカード≫をつけられる枚数に制限があります。これをカードの「装備枠」と呼びます。
       「装備枠」はカードにそれぞれ規定されています。「武器」が1枠、「防具」が3枠です。
(簡単に言えば武器を1つ、防具3つ装備したキャラにプラスでこのカードを付与することが出来る)

ということですね。esのウェポノイドはモアを除いて★11以上で実装されているので、割と切り札に近い効果を持って追加されそう・・・というのが私の予想。
今回はかわいくステータス+2/+2ですが【狙撃】とか【連撃】は普通にあり得そう。
ルールがややこしくなりそうですが、上記の部分を理解していれば問題ないかと。

本記事最後の紹介は・・・やっぱりブレイバー!(中の人がカタナ好きなため、TCGではブレイバー推し

2-2切り札級≪六芒均衡≫にはこれ!? ペネトレイトアロウ

5-045
ブレイバーのアクティブ(というかバレットボウ)が強い。数は少ないがどれも入れたくなります。

ブレイバーのアクティブで個人的に大注目なのがこれ。
【Main】の記載が無いのでクイックアビリティのアクティブカードです。
相手がカードをプレイしたときや、能力の起動宣言時にレスポンスとしてプレイすることが出来ます。
・詳細ルール 103.7.レスポンス
  103.7.1 プレイヤーが何らかのカードのプレイや能力の起動を宣言し処理領域に加えた後に行動権を使い、自分の能力を新たに処理領域に加える行動を「レスポンス」と呼びます。
  103.7.1.1 何らかのカードのプレイや能力の起動に「レスポンス」出来るのは、【Main】と記載されていないアクティブカードや起動能力のみです。
  103.7.1.1.1 これらの能力を「クィックアビリティ」と呼びます。


今回、2-2のカードでは六芒のキャラがわかりやすく切り札として収録されます。特に「六芒均衡の「一」 レギアス」、「六芒均衡の「三」 カスラ」、2-1収録でしたが「六芒均衡の「二」 マリア」は、武器を装備している間、相手のカードの効果の対象に選ばれません
そしてどの六芒も登場時効果でもって各の所持武器を装備する効果があります

そんなときにこのペネトレイトアロウが活躍します。(レンジャーではスニークシューターが該当)
相手が六芒をプレイしたとき、レスポンスとしてペネトレイトアロウをプレイすると・・・
1.レスポンスの処理の順番で先にペネトレイトアロウの効果が発動し、六芒のカードを破壊。
(相手の六芒のカードは場には出ているが、登場時効果は処理領域内のため武器は未装着)
2.六芒のカードの登場時効果が発動しますが、キャラが破壊されているため武器を装備することが出来ない。
(なお、「六芒均衡の「一」 レギアス」にある「絶対令」サーチ効果、及びプレイ時コスト0効果は発動されます。)
という処理結果になります。(レスポンスやら処理順やらは今度事例を出して紹介したい・・・。

武器を装備されて大ピンチ!というか六芒でピンチ!な状況を打開できる1枚ですね。
同じ効果で、ガンスラッシュのアクティブカード「クライゼンシュラーク」がありますが、こちらは【Main】のためレスポンスでは使えない点に注意。

終わりに・・・

初考察記事は如何でしたか。考察というより半分は紹介&ルール説明になってしまったような・・・。
本ブログが初心者、中級者向けを目指しているので目的は達成しているかと!!
Vol.2は除外ががっつり追加されました。そして操作が圧倒的に増えましたね。
PSO2TCGプレイヤーが今回の感謝祭で増えている状況を考えると、分かりやすいルールブックがあればいいのですが・・・TCGにそれはなかなか難しいですね。
次回も考察記事を書く予定です。2-2考察はそれでおしまいにして、本来の目的である事例紹介を行いたいと思います。

それでは!



サポーターズリンク投票よろしくお願いします!

PSO2サポーターズリンク

ファンタシースターオンライン2ランキング

にほんブログ村 ゲームブログ ファンタシースターへ